ネイルをご提供できる幸せ

赤坂見附の駅前、東急jプラザ赤坂で2000年より開業しておりますネイルプラスです。
当サロンが上質なネイルをご提供したいと思う基本には、爪のトラブルを改善し、ネイルの専門家としての存在したい、という想いがあります。
ネイルといえばネイルアートや華やかなところが注目されますが、爪が割れやすい方、爪がうすくて生活に不便を感じる方、爪の形が気になる方など、それぞれお悩みがあります。爪がそっている、ささくれが酷く手が荒れている、爪を噛んでしまうなどのコンプレックスもあると思います。

当社はキュア株式会社という名前のとおり、CUREにはケア・手入れをするという意味に使われますが、治す、癒す、矯正する、という意味もあって、キュアという会社名にしました。
これらを基本の精神として遂行するには、基礎を正しく理解し、爪に負担をかけない安全な技術を習得しなければ、ご提供することはできません。

ネイルをお楽しみになりたいと願うお客様に、長くネイルを愛し、長くネイルを楽しんでいただくためにも、状態のいい爪や皮膚を維持し、健康的なネイルでなければなりません。

  image.jpg 

高品質な製品をセレクトし、爪や肌にやさしいものを使用することはもちろん、マニキュアの美しい仕上がり、痛みのない技術が、お客様に幸せをお届けできると考えています。

常に研究心を持って取り組んでいるネイル+サロンは、多くの方に愛されたいと願い、お客様に心を持って接することができる方を募集しています。
当社のポリシーに共感できる方、将来サロンを開業したい方、マニキュア&ケアのサロンで働きたい方、ご連絡を下さい。

ご応募お待ちしております。
 http://nail-plus.com

ペタしてね  読者登録してね

マニキュアリストという仕事

ネイルプラスは、マニキュア専門のネイルサロンです。
時々あるシーン…。

お客様 「ジェルネイルされてますか?」

当スタッフ 「当サロンはジェルはいたしておりません…。」

お客様 「そうですか…。」 

と、その場を立ち去られます。
そのようなお客様に「ジェルネイルをしない理由だけは、お伝えするだけさせて下さい!」と強く思います。

ネイルプラスは、過去ジェルネイルを取り入れようとしたことがありました。
ジェルをつけるとどうなるか?ジェルをはずした時、自爪はどうなるか?など
1年半ほど自分自身の爪で試しました。モデル数名の爪をモニターして、試行錯誤を繰り返しました。ジェル用ベースコートの開発に携わったほどです。
しかし、当サロンはジェルネイルを扱わないと決めました。理由は様々です。

マニキュアリストという職業名はアメリカをはじめ欧州でも通じます。
アメリカではマニキュアリストライセンスという資格免許も存在します。
ネイルサロンで働くマニキュアリストとは手や爪の専門家。装飾やケアを行う技術者のことです。
(←こちらのサイトをご覧くださいね。ご参考まで。)

 image.jpg

当サロンでは、ネイルの基礎を重んじ、技術を習得し、安心・安全なネイルをご提供しています。そしてお客様に高品質なネイル(マニキュアの仕上がり)、健康的な爪をはじめ、お客様に幸せをお届けしたいという考えの会社です。
共に向上心を持って取り組み、喜びを分かち合える仲間、マニキュアリストを募集しています。

当社のポリシーに共感できる方、将来サロンを開業したい方、マニキュア&ケアのサロンで働きたい方、ご連絡を下さい。
面談のお時間をご用意していただきます。

どうぞ当社のホームページをご覧の上、ご応募お待ちしております。
 http://nail-plus.com

ペタしてね  読者登録してね

マニキュア専門ネイルサロン

当社がネイルサロンとして存続しているのは
素晴らしいお客様に囲まれているからでして、心より皆様に感謝しております。

ジェルを扱わないネイルサロンの存在が、全国で数社だそう
このようなことで特殊なネイルサロンになるとは驚きです。

流行から外れたサロンの厳しさもわかるだけに
ナチュラルネイルを大切にしたいと心から思う技術者を育ててあげたい
という気持ちで、求人募集をしています。
爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ
ネイル業界においても、ジェルをしないお客様がいることが
不思議がられるようになりました。
そのくらいジェルネイルが流行しました。ジェルの流行は現在進行形でこの先も続くと思いますが、一方で当社ネイルプラスのように
ケア&マニキュア専門サロンも必要とされてきています。

ケア&マニキュア技術は技を磨くのに時間がかかりますが
体の使い方や、道具の使い方で上達するものです。
当社で働きたいという社員には、惜しみなく技術を伝授しています。
安全で、早く、美しく仕上がる技術で、一流の技術者になってもらいたいと心から願う日々です。

技術は、その人の心が伝わります。
ですから、技を磨くとともに、豊かな心を育て、自分自身が成長していかなくてはなりません。
私の経験でお伝えすれば、お客様に様々なことを教えていただき、育ててくださいました。
そのお客様が、成長させてくださったと思うものですから、感謝の言葉は言い尽くせません。

冒頭に申し上げた通り、素晴らしいお客様に囲まれて仕事をさせていただける喜びを
ネイルの仕事をしたいと思う仲間や若者たちに、伝えていきたいです。

ペタしてね   読者登録してね

Copyright 2002-2014(C)Cure Inc. All rights reserved.