トラブルネイルの症状~その後

爪が伸びない、爪がかけていく
弱い爪でどうしようもならない
等のトラブルネイルのご相談をいただきます。

前回のブログにて
爪剥がれの写真、その後です。

コチラの爪の場合は爪が伸びない症状が3か月以上続いていたのですが
爪栄養剤をご使用後
ご覧のように伸びました。

私たちも感動し喜びました。
見た目は大きく違いますもの。
生活もご不便でしょうから
ネイルの大切さを実感しています。

トラブルネイルの症状

爪が伸びないというご相談を頂きます。

オーガニックネイルケアの店ですので、安全なネイルケアと
栄養剤とヤスリのこだわりだけですが
爪のトラブル改善を行っています。

ジェルオフ後に、あらゆるサロンや病院に行ったが
爪が伸びないとのことでした。

 

ネイルプラスのオーガニックネイルケアの基礎をお伝えし
1週間に一度お通い頂き
栄養剤は1カ月に1本
という勢いでお使いいただきましたところ
きれいな爪が生えてきました。

 

爪が剥がれた時に その直し方

爪の剥離、ネイルセパレーションになったら
注意をしませんとなかなか元に戻りません。

剥がれている爪を引っかけないよう
爪を短くします。
この時に、爪に衝撃や振動を与えないように短くします。

なぜなら、ネイルファイルで一削りしただけで
爪が瞬間に剥がれるからです。

ではどのように短くするか、です。

セパレーションの場合は毎日爪栄養剤で保湿ケアをし
乾燥させないことが第一です。
NFP+オーガニックネイル製品 爪栄養剤
これを浸透させて5分後に
ご覧のやわらかい爪ヤスリで削ります。

このNFP+オーガニックネイル製品 爪ヤスリは
やわらかく、うすいので
爪に衝撃を与えないで削ることが出来ます。
やすりにこだわるべきなのですが、あまり重要視されていないのです。

毎日、爪栄養剤を塗り
3日に一度、この爪ヤスリで削るようにいたしますと
爪が整ってきた方が多くおいでです。
爪切りや、ネイルファイルは使用せず、やさしいケア
オーガニックネイルケアをして下さいね。

爪が剥がれた時に その症状とは

爪のお悩み、ネイルトラブルのご相談をいただいています
オーガニックネイル ネイルプラスです。

ご覧のような爪剥離 ネイルセパレーションは
なぜ起きるのでしょうか?

ネイルプラスでご相談をうける中では
薄くなった爪が
乾燥して
衝撃を受けて
剥離する
というケースを多くみます。

ジェルを外してから爪が伸びない
極度の乾燥で爪が薄くなっている
などのお話が多く
そういう場合のセパレーションは慎重に扱わなくてなりません。

剥離はほんの少しの衝撃で
剥がれるからです。

Copyright 2002-2014(C)Cure Inc. All rights reserved.