足の変形 続編

 
足裏全体で踏み込んで歩くと
足裏、足指に刺激が加わります。
第二の心臓ともいわれる足は、このように歩くことの刺激により
末端の血液が循環し、全身に血液が流れ心臓に戻るからです。


よく歩くといい、と言われるのはこういうことなのです。
フットバスで足を温めて、筋肉を緩めるというのもいいですが
歩くという動作は素晴らしくいいのでしょう。


 

大切な役割のある足で靴を履いていると
窮屈で固まってしまい
足が硬くなります。
指が変形したり、歩行するため足の変形も進みます。


 


ですからストレッチをして足をほぐすことが大切なのです。



足をほぐすと、足裏、足指を意識した立ち方が実感できます。


ストレッチ終了後は、しっかり地面を踏みしめている
足裏を感じていただけるので
足の感覚を取りもどすことができるようになりますよ。


 

ペタしてね

読者登録してね


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright 2002-2014(C)Cure Inc. All rights reserved.