やわらかいフレンチネイル

フレンチネイルのやわらかいバージョンをご紹介。

ご覧のようにベージュ系の透明感のあるマニキュアを塗り
ナチュラル感を出します。

爪先のフレンチの部分は白のマニキュアを使用するのですが、マットな白ですと、はっきりとしたフレンチネイルが仕上がりますが
このように、自然なフレンチネイルもできます。

爪先フレンチの部分に使用しているカラーは、やわらかく、マットでない白のマニキュアです。

ペタしてね  読者登録してね

安全な技術 ネイルケアの準備

ネイルケアは昔からウォーターマニキュアとも呼ばれてきました。
名前の通りお湯につけてケアする方法を、ウォーターマニキュアといい、米国をはじめ甘皮のお手入れをする際の準備に使用されます。
爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ
このように指先をお湯につけて、皮膚をふやかすのが基本、安全な技術を行うための準備です。
ネイルプラスでは、必ずお湯につけて、皮膚を柔らかくしてからキューティクルのプッシャーを行います。
手間と時間をかけますが、これをしませんと皮膚や爪に過剰な負荷がかかります。
ふやかした状態でないと、プッシャーをした際に、ささくれを作ってしまいます。
柔らかい皮膚でないと、ニッパーを使用した際にソフトなタッチで作業ができないため、お客様の指とネイルにストレスが加わります。

ネイルプラスが大切にしていることは、爪や皮膚を傷つけず安全な技術を行うことです。そして爪を丈夫に育てることを長年行ってきました。

この観点から開発した爪の栄養剤は、今でも多くの方にご愛用いただき、丈夫な爪が生えてきて美しいネイルを保つことができました。
皆様に喜んでいただる製品と技術がご提供できること、とてもうれしく思います。

ペタしてね   読者登録してね

伊勢神宮へ 外宮へ

伊勢の神宮参り、行かれた方も多いと思います。
私は伊勢駅を下車し、月夜見宮から歩いて外宮に向かいました。
神様が通ったとされる道、「神路通り」を少し高貴な気分になって歩き楽しみました。

外宮(げぐう)には豊受大御神(とようけおおみかみ)が祀られ
正宮の前にある池には美しい神聖な気が感じられます。

爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ

ご覧のようにたくさんの人がお参りに。建物やお祭りは内宮と殆ど同じだそうですがあくまでも内宮が神宮の中心だそうです。

爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ

この池を越えたところにある別宮土宮のから別宮多賀宮への右手奥の細道を行くと祠がありました。こちらは写真を撮るのも差し控えたい気がしました。風の音とその奥の木々たちが何かを守っているような感じです。
次は内宮へお参りにまいります。

読者登録してね ペタしてね

足を冷やさない工夫

フットケアでお客様の足の状態を見ておりますと、多くのことを教わり、多くを感じます。
毎日触れている足から感じることは、「冷え」です。
冷え症という言葉がよく使われますが、どう思いますか?

私自身多くを試みましたのでご紹介します。
試みの一つには、食事に注意をして、冷たい飲み物をやめる、というものです。
冷たい飲み物を全くとらないということではなく、氷を入れない、ビールを飲まない、この2点を実行したところ体が軽く感じるようになりました。
これは内臓を冷やさないようにするために、意識して行ったことです。
常温の飲み物は美味しく感じないですが、水でもお茶でもぬるいものを飲むよう心がけました。

このように内的な部分からの改善、習慣で冷えにくい身体に変わることを体験しております。

外的からの方法で、冷えにくい身体にするための策と感じたものに、保温があります。身体を温め、維持する方法です。

爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ

その一つがオイル塗布の保温です。ご覧のオイルは身体を温め、血液の流れを良くするアーユルベーダによる配合のオイル。円を書くようにマッサージしながら身体に塗り込みます。

体は冷えてしまうと、なかなか温まらないでしょう。日頃から身体に刺激の少ないヌクヌクした生活をしていると、身体が反応しなくなっていると思います。

ですから、お風呂あがりに身体が温まった時に、このようなオイルを塗り、保温力を高めるのです。
私には非常に効果がありました。
このオイルがボディーコントロールオイルと名付けた理由です。

オイルを下半身(足指まで)に塗って、保温力効果試してみて下さい。

安全な技術 甘皮ケアに使用する道具

キューティクルケアは慎重に行うべき、とても大事な技法の一つです。

慎重に行うべきは言われておりますが、細胞に刺激を与えないようにする意識の部分はなかなか注目されていないようです。
ネイル+は刺激のないケア、神経に触れてはならないことを徹底して行います。

そのための技法には、手の取り方、手の持ち方が重要です。 
前回もお話ししましたが、手を固定させた持ち方を行いませんと安全な技術はできません。

 そして安全な技術を行うためには、使用する道具も重要と考えています。
爪の悩みを解消!ネイルサロンオーナーのブログ-201112111318000.jpg
ネイルの経験者、キャリアがある場合は、自分なりのやりやすさが先に出てしまうのでこれに限りませんが
これから学ぶ方、早く上達されたい方には次のようなポイントがあります。

ニッパーの握りが軽いこと
ニッパーの刃先が小さすぎないこと
握りの部分が小さすぎず握りこまないスタイルがいい
などが安全な方法で上達できると思います。
ご覧のようなタイプ、形をお勧めしています。

これだけではありませんが、はじめの一歩をご紹介させていただきました。
ご質問がある方はご遠慮なくメールをくださいね。

読者登録してね  ペタしてね

Copyright 2002-2014(C)Cure Inc. All rights reserved.